スタッフブログ

投稿者:森のいぬねこ病院 スタッフ

🎅クリスマス🎄

こんにちは!芋沢院の榎原です☀️

 

本日はクリスマスですね〜🎁

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日はクリスマスに因んだお話を一つ


クリスマス因子

 

皆さん血友病はご存知でしょうか?

 

体内外で出血があった時、

その出血を止める作用を

止血・凝固と言いますが

 

血が固まるためには、

実は体内でいろいろな反応が

起こっています。

 

簡単に血が固まってしまっては、

血栓などがポンポンできて

脳梗塞になってしまいますからね😅

そうならないように、凝固には複雑かつ巧妙な

戦略が取られているわけです。

 

その凝固に関わる物質を

凝固因子

と言いますが

その因子のどれかが欠けることによって

血が固まりにくい、あるいは固まらない病気を

血友病

と言います。

 

この血友病には

血友病A と 血友病B

が存在していて

どの凝固因子が欠けているかによって

判別されます。

 

もう言いたいことお分かりでしょうか?笑

 

そうです、血友病Bは

凝固因子のうち、クリスマス因子

(第Ⅸ因子と呼ばれる方がメジャー)

が欠けることで起こります!

 

この病気は人でもよく知られていますが

犬猫でもある遺伝病で、

特に血友病Aは多く認められると言われています。

 

遺伝性疾患ですので、犬種的には

ジャーマンシェパード、フレンチブルドッグ、

エアデールテリア、ラブラドールレトリバー、

セントバーナードで多いことが知られています。

 

根本的な治療法は基本的になく、重症度によっては

運動による出血なども起こりやすいので

生活に注意が必要です。

もし、大きな出血が起きてしまった場合には止血や

輸血を医療的に施す必要があります。

 


クリスマスに関わる話というから

キリストとか歴史の話かな?

と思ったでしょう😎

 

医者と獣医師は思いつく変な話題でした笑

 

©森のいぬねこ病院