スタッフブログ

投稿者:森のいぬねこ病院 スタッフ

🅰️犬猫の血液型🅱️

こんにちは!芋沢院の榎原です☀️

 

本日はクリスマスイブですね!

ということで明日はクリスマス🎄

皆さんのところにサンタさんは来ますか?笑

 

うちの子たちはサンタさんが窓を割って入らないように

玄関を開けておいてほしいそうです🤣

自分のおもちゃでサンタさんが遊びたくならないか

心配らしいですよ笑

 

さて、質問を受けました!


犬猫の血液型って、人と一緒ですか?

結論から言えば、

違います!

人ではABO型血液型分類システムが有名で

A型、B型、O型、AB型と分けられますが

 

犬も猫も、人とはそれぞれ違う血液型を持っています💡

 

犬は人のA型、B型のようなわかりやすい血液型はなく、

DEA1.1抗原というもののあるか、なしかで大別されています!

 

なのであえてわかりやすくいうと、

犬の血液型は

DEA1.1(+)型 と DEA1.1(-)型

の2種類に分類されます!

 

続いて猫ですが

なんと

A型 と B型 と AB型

の三種類に分類されます!

 

人と似てますがO型がなく、

実は全くの別物ですので

A型の人の血液をA型の猫ちゃんに輸血することは

できませんので悪しからず🤣

 

 

ちなみにちなみに

ゴリラにはB型しかいない

なんて話を聞いたことはありますか?

 

実際、ある種のゴリラでは

人と同じABO型の分類が当てはまり、

B型しかいないそうです!(°_°)

でも全てのゴリラで当てはまるわけではなくって

O型のゴリラもいるそうです 🦍ウホ

 

しかし血液型は奥が深いので、

B型のゴリラの血液を

いくらゴリラっぽくてもB型の人に

輸血することはできません。。。

残念。

 

 

血液型って奥が深いですよね。

話始めるとキリがないのでここいらでやめます🤣

 

へー!ってなりましたか?笑

 


最後におまけ

人工血液って知ってますか?

輸血の副作用がなく、血液を補充できる。

救命救急分野では、夢のような技術ですよね。

まだ実用化には至っていないですが

着実に研究が進んでいます😲

2019年には、致命的な出血を負わせた

ウサギさんに人工血液を投与して、回復に成功した

という実験も報告されました。

 

まだ人でも実用化に向けて試験や多量生産の方法を作って…

やることが山ほどですし、

人と動物では輸血に対する文化も異なります。

動物医療に降りてくるのは

いつになることやら。。。

でも早く実用化してほしいですね!!

 

 

 

 

 

©森のいぬねこ病院