2019年01月30日  

院長の苦悩?

こんにちは!!
院長の西原です。

今回は、
『院長の苦悩』
についてです(笑)


三方良しじゃない!?

私の診療ポリシーは、
目の前の辛い症状を治し、
なおかつ、再発を抑える、
健康な体を取り戻す!!
です。

一見、というか、
飼い主の方にとっては、
自分で言うのもなんですが、
結構良いポリシーだと思っています。

ところが、先日、
とある動物用医薬品会社の方から、
「最近、先生のところ、
うちの薬の使用量が減っていますが、
よその会社に乗り換えたんですか?」
と質問されました。

もちろん、義理と人情の漢、
ガンビーがそんなこと
するわけがありません!!

携帯電話は
ドコモ、au、ソフトバンクと
一通り乗り換えてきましたが・・・(笑)

というわけで、
あんまりその辺りのことは
意識していなかったのですが、
きちんと調べると、
確かに減ってます。

良いことだけど・・・

もちろん、他の会社へは
乗り換えてません。

そこで、よくよく考えると、
はっきりとした原因が
わかりました。

それは、

【予防医療が浸透している】

のです!!

つまり、今までは、
一度治療しても再発するため、
一頭の動物に、同じ薬を
何度も使っていたので、
薬の消費量もそこそこありましたが、

再発予防

に取り組むことで、
繰り返しのお薬を
使わずに済むようになっています。

もちろん、全ての病気を
克服できているわけでは
ありませんが、

今回の分に関しては、
確実に、再発予防が
効果を上げているのです!!

しかし、それが
動物と飼い主の方にとっては
良いことなのですが、
その営業の方にとっては、
売り上げが減ると。。。

私自身は、
動物や飼い主の方だけでなく、
業者さん関係者の皆さんも
ハッピーになっていただく、
そんな経営を目指しています。

一瞬、
「ちょっとデリケートかな」
と思いましたが、
落ち着いて考えれば、
別になんてことない問題でした!


目先のことにとらわれない

そうです、
その動物用医薬品の製薬会社さん
にとっても、
動物が健康で元気がいること
を望んでいるはずです。

なので、その状態が達成されて
困るのであれば、
それは製薬会社さんのやり方に
問題があるということ。

その方には、
今一度、私の診療スタイルを
熱く熱く語り、
しっかりとご理解いただくことができましたとさ。

あれ?
全然『苦悩』じゃなかった(笑)

^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院のLINE@へは
下記のQRコード

もしくはID
『@msp1206d』
を検索してください!!

©森のいぬねこ病院