特に老犬や心臓病もちの犬は要注意!熱中症の主な症状と対策方法とは

こんにちは!!
こんにちは!!
今回は『犬の熱中症』についてお伝えします。
本記事は、過去に私が寄稿したものを許可を得て転載しています。
無断での引用、転載は禁止しておりますので、ご了承ください。

※「え?この時期に熱中症の話???」と思われるかもしれませんが、春先や秋口の方が、飼い主の方が油断するのか、暖かい日に車で待たせたりして、熱中症を起こしてしまうことがよくあります。そこで注意喚起的な意味も込めて、この時期に会えて熱中症についての記事をアップさせていただきました。




熱中症は、体に熱がこもり高体温になることで、様々な重い症状を引き起こし、時には命の危険に及ぶことがある非常に恐ろしい症状です。

外気温が高くなったり、地面からの放射熱が強い時、人間であれば汗をかくことで、体温を調整し、ある程度熱中症を防ぐことができます。しかし、犬の場合は人間のように汗をかくことができず、体にこもった熱を逃がすことが得意ではありません(反面、保温には優れているので、寒さには強い犬種が多いです)。

そのため、犬は人間よりも熱中症にかかりやすく、人間が「これくらいの暑さなら我慢できるかな」という状況でも、犬にとっては熱中症を引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

■熱中症になる犬の特徴

犬という動物自体が人間に比べて熱中症にかかりやすいのですが、犬の中でも下記の特徴の犬に多く見られる傾向があります。

・老犬や幼犬
・短頭種とよばれるグループ
(ブルドック、パグ、シーズー、ボストンテリアなどの頭蓋骨に比べ、口元の長さが極めて短い犬種のグループ)
・脱水症状のある犬
・心臓などの循環器や気管・肺といった呼吸器の病気にかかっている犬
(熱中症によって病態が悪化してしまうことが多いため、特に注意しなければなりません)

Close up face of cute funny puppy pug dog sleep rest on pillow bed with tongue sticking out. Funny pug dog in lazy time.

Close up face of cute funny puppy pug dog sleep rest on pillow bed with tongue sticking out. Funny pug dog in lazy time.

循環器や呼吸器に病気を持つ犬が、熱中症により重症化しやすい理由は、犬は汗で体温調節できない代わりに、呼吸によって体の熱を外に逃がしていることにあります。つまり、暑くなると犬は口を開けて舌を出し、「ハアハア」という呼吸をすることで、体の中に溜まっている熱を呼吸によって外に出します。これにより呼吸器に大きな負担がかかるのです。

さらには暑さによって血圧も変化しますので、循環器にも強い負担が生じます。循環器や呼吸器の病気になると、その暑さを逃がすための呼吸や血圧の変動自体が大きな負担になってしまい、病気をより重いものにしてしまうのです。

■熱中症の症状

熱中症にかかると、高体温、パンティング(「ハアハア」と激しい呼吸の様子)、元気食欲の低下、過剰なよだれ、心拍数の増加、結膜の充血などが認められます。さらに重症になると、吐血や下血、不整脈などが見られ、けいれん発作やショックを起こし、死に至ることもあります。

犬の正常体温は、おおよそ38℃台です。そして39℃後半になると明らかな発熱があると判断します。そして熱中症では41℃を超える発熱を起こすこともまれにあり、より体に大きな負担がかかります。そして42.7℃を越すと多臓器にわたる障害が引き起こされ、非常に厳しい状況になってしまいます。

■熱中症の原因

熱中症は、外気温が高い場所にいることで発症します。実際に動物病院に熱中症で来院された中に以下の特徴が多く見られます。

・夏場の日中、エアコンのない部屋での留守番
・暑い時間帯のお散歩
・車の中での留守番

特に梅雨の後半の時期や残暑の頃、真夏ほどピークではない暑さの時期に、ついつい油断をして、温度管理をせずにいることで、熱中症を発症してしまうこともあります。また、夏場の夕方の外気温が下がった頃でも、地面からの放射熱が強い時にお散歩に出てしまうと、熱中症にかかってしまうことがあります。さらに、車でのお留守番は、たとえエアコンをしっかりかけていても、直射日光のせいで熱中症(熱射病)にかかることがあります。

また、老犬や幼犬、短頭種、循環器や呼吸器に異常を持つ犬では、人間が「これくらいは大丈夫かな」と思えるような暑さでも、容易に熱中症を発症するため、細心の注意が必要です。
small dog in the car looking in side view mirror. Chihuahua is locked in the car alone. it's raining. miniature dog looks in wing mirror
■日ごろからできる熱中症の予防及び病院での治療法

このように、一度熱中症にかかると非常に危険な状態に陥りますので、とにかく熱中症にかからないよう予防してあげることが最も重要です。

夏場だけでなく梅雨時期や残暑が残るような初秋の時期にも、部屋ではエアコンなどで「多少涼しいかな」というくらいの温度設定にしたり、十分な風通しを確保するようにしましょう。そして、車のお留守番は、たとえエアコンを効かせていても、絶対にしてはいけません。また、お散歩をするときは、涼しい時間帯にすることはもちろん、お散歩の前に地面に直接手を触れて、地面も十分に冷えていることを確認してから出発するようにしましょう。

老犬や幼犬、短頭種、循環器や呼吸器の持病を持っている犬の中には、夏場以外でも、興奮して体温が上がっているときに、シャンプーしたりドライヤーをかけたりするだけで熱中症を発症してしまうことがあります。熱中症の危険性があることを念頭に、様子を見ながら行ってあげるようにしてください。

熱中症にかかってしまった、あるいは熱中症が疑われる場合には、とにかく急いで動物病院を受診するようにしましょう。熱中症は初期治療が遅れるほど、命にかかわる確率も高くなってしまいます。

動物病院では、熱中症と診断された時には、水や冷却パッドなどで体を冷やしながら、酸素吸入、輸液を行います。しかし、体を冷やしすぎたり、輸液が過剰にならないよう、心拍数や血圧などのモニターを注意深く実施しながら治療を進めていきます。さらに肺水腫や急性腎不全など、熱中症からの併発症がないかどうかを調べるための検査を実施し、それらが見られた場合には、併発疾患に合わせての治療も実施します。

Dog relaxing on massage table, on light background

Dog relaxing on massage table, on light background

自宅で体を冷やす時には、お水や濡れタオルなどを使って扇風機、ドライヤーの冷風を体に当てるようにしてください。しかし、この時も体温が下がりすぎると逆に危険になるので、体温をチェックは重要です。また、氷は使わないようにしましょう。温度が低すぎると、血管を収縮させたり、体が震えてしまい、逆に病態を悪化させてしまうことがあります。

■まとめ

熱中症は、特に老犬や幼犬、短頭種での発症が多く、心臓や気管などの循環器、呼吸器系に病気を持っている犬では、軽い熱中症でも重症化してしまいます。

熱中症の多くは、日常生活の温度管理で予防することが可能ですが、ちょっとした油断で発症しまうことがほとんどです。夏場はもちろん、その前後の時期でも、ちょっとした暑さを感じたら、早めに温度対策を行ってあげてください。また、夏場だけでなく、涼しい時期でも直射日光による熱中症を起こすことがありますので、車での留守番は、たとえ短時間でも避けてください。

少しでも熱中症を疑う症状がみられた場合には、速やかに動物病院を受診するようにしましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




耳をかゆがるときは要注意!感染性の強い耳の病気とは

こんにちは!!
今回は『犬の疥癬症』についてお伝えします。
本記事は、過去に私が寄稿したものを許可を得て転載しています。
無断での引用、転載は禁止しておりますので、ご了承ください。





■耳疥癬とは

耳疥癬(みみかいせん)は、イヌミミヒゼンダニというダニの一種が耳に寄生することで、強いかゆみを伴った外耳炎を引き起こす病気です。イヌミミヒゼンダニの感染力は強く、またその症状も強いため、感染しないようにコントロールすることはもちろん、耳にかゆみを認める場合は、なるべく早く治療してあげることが大切です。

■耳疥癬の症状

耳疥癬にかかると、強いかゆみを伴った外耳炎を発症する他、茶褐色〜黒色の耳垢が大量にみられるようになります。直接耳を掻くことはもちろん、頭を振ったり、耳を地面や壁に擦り付けるような仕草を頻繁に行うようになります。さらには、掻きすぎで耳の外側の毛が薄くなり、傷ついてしまうこともあります。

また感染力が非常に強いため、同居犬がいる場合はその同居犬にも伝染し、同じように耳をかゆがるようになります。しかし、耳疥癬の症状は、いわゆる一般的な「外耳炎」と同じですので、症状だけでは区別がつかないことが多いです。

一昔前までは、不衛生なブリーダーやペットショップで感染することが多く、感染してしまう多くの犬は子犬でした。しかし、近年では衛生環境に配慮したところも増えて、子犬で耳疥癬を見かけることは少なくなりました。
Elo-Welpe kratzt sich hinter dem Ohr
その一方で、老犬での耳疥癬をときどき診察するようになったのですが、老犬の中には、アレルギーなどの慢性外耳炎を患っているケースもあり、子犬に比べて診断に時間がかかることもあります。

当院では慢性の皮膚炎や外耳炎でセカンドオピニオンの対応をさせていただくことが多く、その中には、以前の病院でアレルギーということで治療を続けていたが、悪化するばかりで良くならず、当院で再度検査。すると、耳疥癬を併発していた、ということが発覚することもあるので注意が必要です。

また、老犬では症状が強く出ることがあり、中には「耳血腫(じけつしゅ)」といって、耳介(じかい:耳たぶ)が内出血を起こしてパンパンに腫れ上がることもあります。

closeup pug dog having a check-up in his ear by a veterinarian

■耳疥癬の原因

耳疥癬は、すでに耳疥癬にかかっている犬と接触することにより感染します。しかしその感染力は強く、一見、感染犬に触れていないように見えても、同じ空間で生活している犬同士はほとんどの場合、感染してしまいます。

ここ最近ではあまり感染犬をみかけなくなったものの、成犬や老犬での感染はまだまれに見られます。それらもやはり犬が集まる施設で感染しているようです。

動物病院に来院されるときには、感染源となる犬の特定は非常に難しい状況ですので、「これだ」と特定できる原因は分かりません。主に考えられる原因としては、トリミングやペットホテル、ドッグカフェなど、日常生活の中で犬が集まるような施設での感染が疑われます。

■耳疥癬の予防及び治療法

耳疥癬は、発症すると激しいかゆみに襲われますので、何よりも予防してあげることが大切です。まずは、素性のわからない犬が集まる場所は、なるべく行かないようにすることが重要です。

近年では、ドッグカフェやドッグラン、トリミングやペットホテルなどの施設を利用される方もたくさんいらっしゃいます。こういった施設の利用の際は、狂犬病や混合ワクチンの接種を義務付けているだけでなく、ノミ・マダニ予防も義務付けているところだとより安心です。また、近年のノミ・マダニ予防薬の中には、効能外使用(基本的に製薬会社が認めていないもの)にはなりますが、ミミヒゼンダニにも効果が認められるものがあります。そういった予防薬の利用も有効です。

もし、耳疥癬を発症した場合は、滴下タイプ、あるいは注射タイプあるいは飲み薬タイプの駆虫薬で治療します。駆虫薬を使うことで、ミミヒゼンダニはほぼ完全に駆除することができます。しかし、駆虫薬の中にはイベルメクチンという薬剤があり、これはシェルティーやコリーには使えない駆虫薬なので、使用時には十分注意してください。

耳血腫を併発してしまった場合には、耳介に溜まった血液を抜き、炎症をコントロールするためにインターフェロンやステロイドを注入したりします。そして、治療には場合によっては数週間から1ヶ月ほどの治療期間を要し、また治療後は耳介の形が変形してしまいます。そのため、耳介の変形を抑えたり、治療期間を短くするのに、外科的な処置を行うこともあります。

もちろん、外科的な処置には全身麻酔が必要になります。特に老犬の場合は、状態によっては麻酔のリスクが生じることがありますので、十分に全身状態をチェックした上で実施する必要です。

耳疥癬に感染している犬の生活空間には、たくさんのミミヒゼンダニが散乱している状態です。また、同居犬や感染犬と接触した犬は、たとえ耳を痒がっておらず、感染がはっきりしなくても、感染していることがほとんどです。なので、他の犬への感染を予防するために、ハウスダスト対応の掃除機などでしっかりと掃除をすること、ミミヒゼンダニにも効果がある駆虫剤を使用し、発症する前に駆虫してしまうことが有効です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■まとめ

耳疥癬は、犬同士への感染力が非常に強い、そして耳を痒がるなどの強い外耳炎症状を引き起こすとても厄介な病気です。また、老犬では耳疥癬に気づかないことが多く、中には耳血腫を併発することがあり、注意が必要です。

耳疥癬にかかってしまった場合、しっかりと治療することで完治させることはできますが、周りの犬へ感染しないように、治療期間中は他の犬と接触しないようにしましょう。

また、ペットホテルやトリミングなど、他の犬が集まる施設を利用するときは、衛生環境が整っていて、ノミ・マダニ予防も義務付けている施設を選んであげることで、感染リスクを減らすことができます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




高齢小型犬の肺水腫|僧帽弁閉鎖不全症との併発に注意

こんにちは!!

今回は『犬の肺水腫』についてお伝えします。

本記事は、過去に私が寄稿したものを許可を得て転載しています。
無断での引用、転載は禁止しておりますので、ご了承ください。




■肺水腫とは

動物の体において、肺は「呼吸する」つまり、血液に酸素を送り込み、またその代わりに血液中の二酸化炭素を受け取って、体外へ排出させる役割を持った器官です。肺の中では「肺動脈」「肺静脈」といった血液の通り道と、「肺胞」と呼ばれる空気の通り道が密接しており、そこで酸素と二酸化炭素の交換が行われます。

何らかの原因で「肺動脈」あるいは「肺静脈」といった肺の血管に圧力がかかると、血液の液体成分が「肺胞」へ浸み出てしまいます。その結果、肺胞に酸素や二酸化炭素といった気体の入るスペースがなくなってしまい、呼吸ができなくなってしまうのですが、この病態のことを「肺水腫」と呼びます。

Vet examining a dog with a stethoscope listening to its heartbeat and lungs for possible murmurs.

■肺水腫の症状

肺水腫が起こると、呼吸に関連した様々な症状が起こります。肺水腫になると酸素交換ができなくなってしまうので、少しでも空気を取り入れようとして、呼吸数が早くなります。ひどい場合にはパンティング(激しい運動後の「ゼハァ、ゼハァ」という呼吸に似ています)も起こし、呼吸も気管に液体が詰まっているような湿った音になります。

また、肺水腫では「咳」をするようになります。そこまで重度ではない肺水腫では咳も比較的乾いているのですが、重度になると痰(たん)が絡んだような感じの、湿った咳をするようになりますので注意が必要です。さらに肺水腫が進むと、舌が青紫色になる「チアノーゼ」という状態になったり、胸が苦しくて伏せたり横になれず、「おすわり」の状態のまま、眠れない状況に陥ることもあります。

肺水腫の原因によっては、失神が起きたり、場合によっては命に関わる状態になったりすることもありますので、注意が必要です。

■肺水腫の原因

もっとも多く見られる肺水腫の原因は、心臓病です。中でも老齢の小型犬でよく見られる僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫が多く、他にも未成熟動物の心臓奇形や大型犬に多い拡張型心筋症、特に短頭種で注意したい熱中症、また血液中のタンパクが減ってしまう低蛋白血症でも肺水腫が引き起こされます。
Cane stanco Bouledogue Francese
特に老齢犬に多い僧帽弁閉鎖不全症の症状も、肺水腫と同じ「咳」ですので、気をつけないと肺水腫を見逃してしまう可能性があります。また、熱中症は短頭種で非常に発症リスクが高いものですが、僧帽弁閉鎖不全症の犬も同じように高リスクです。僧帽弁閉鎖不全症の犬は、「少し呼吸が早いな」あるいは「いつもより咳が多いな」と感じた時点で、なるべく早く動物病院にかかることが重要です。

■肺水腫の予防及び治療法

肺水腫は命に関わる重篤な症状なので、予防が大切です。特に老齢犬の僧帽弁閉鎖不全症では、肺水腫を併発するとかなり危険な状態になってしまうため、その手前でできる限り予防してあげることが大切です。そのためには、僧帽弁閉鎖不全症をはじめとした、肺水腫のリスクとなる原因疾患の治療をきちんと行うことが何よりも大切です。

特に老齢犬の僧帽弁閉鎖不全症はまだまだ完治が難しく、病気をうまく管理していくために定期的な心臓の検査も必要です。また、僧帽弁閉鎖不全症になってなくても、年を取ってきたら定期的に聴診を行い、異常が見られた場合には、積極的に精密検査を実施することをおすすめします。

肺水腫は暑さが大きな発症要因になりますので、生活環境の温湿度調節が重要です。特に梅雨時期のようなジメジメした気候、あるいは春先から秋口にかけての気温が上昇しやすい時期は、特に僧帽弁閉鎖不全などの心臓病を患っている犬や短頭種は、積極的にエアコンのドライや冷房を使ってあげたいところです。もちろん、たとえエアコンが効いていたとしても、車内でのお留守番は厳禁です。
犬 車内㈫
肺水腫の治療は、放っておくとどんどん悪化していき、命に関わる状態に陥りますので、緊急的な対応が必要です。

まずは肺の中に残ったわずかな呼吸スペースに効率よく酸素を送るために、酸素吸入を実施します。また、体温上昇が肺水腫の病態を悪化させますので、体温が高い場合には体を冷やします。

さらに利尿剤や血管拡張剤によって、肺に溜まった水を減らす治療を行います。僧帽弁閉鎖不全症など原因疾患の治療を行わないと、肺水腫がすぐに再発してしまいますので、それらの治療も進めていきます。

■まとめ

肺水腫は僧帽弁閉鎖不全症や熱中症によって肺に水が溜まってしまい、呼吸困難を引き起こす非常に危険な病状です。肺水腫が疑われた場合、速やかに動物病院を受診することはもちろんですが、肺水腫にならないよう、暑い時期の温度管理や、普段からの病気の管理をしっかりと行い、予防してあげることが何よりも重要です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




健康診断の考え方

こんにちは!!
今回は
【検査で異常が出た時の考え方】
についてお伝えしますね。




先日、ネットのニュースか何かで、
以下のような記事を見かけました。

「健康診断は、異常でもないのに、
ちょっと検査に引っかかったくらいで
すぐに精密検査→その結果「異常なし」。
これって検査代を稼ぐ、
うまい金儲けですよね」

ところで、あなたは健康診断で、
「本当は病気なのに、検査でひっかからない」
つまり、病気の見逃しがあったらどうします?
かなり腹が立ちますよね。
「何のために健診しとんじゃ〜」
ってなりますよね。

実は、この2つのケースって、
どっちも同じことなんですよね。。。

今の検査って、
完全に白黒はっきりできるものはありません。
つまり、「この検査をすれば、
病気か病気じゃないかが100%わかる」
ような検査はありません。




検査は、参考基準値、あるいは
陽性と陰性の境目を決める時、
病気なら大体この範囲になるよね」
病気じゃないのもちょっと入るけど
もしくは、
病気じゃないのは大体この範囲になるよね」
病気もちょっと入るけど
のどちらかになります。

ですから、基準が
「病気なら大体この範囲になるよね」
だと、病気じゃないケースも少し含まれるので、
「健康なのに、異常ってでた。騙しやがって」
となります。

逆に、基準が
「病気なら大体この範囲になるよね」
だと、病気のケースも少し含まれるので、
「病気なのに見逃された。訴えてやる」
となります。
1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s
要は、検査は完璧じゃないし、誤差は出るのです。
そして、それをより完璧に近づけるために、
様々な検査を組み合わせたり、
担当医が『診断』するのです。

では、健康診断について考えてみましょう。
健康診断は、
「一見、健康な動物が受ける検査」
です。
その目的は、
●隠れた病気を早期発見すること
●その動物一頭一頭の基準値を作ること
です。

で、隠れた病気を発見するためには、
「病気を見逃さない」
ことが大事ですよね。

そうすると、必然的に選択される検査は
「病気なら大体この範囲になるよね」
(病気じゃないのもちょっと入るけど)
ということになります。

ですので、
【ちょっと検査に引っかかったくらいで
すぐに精密検査→その結果「異常なし」】
というのは、
正しく健康診断を受けている証拠
なのです。

もちろん、健康診断で全ての病気を
発見できるわけではありません。
また、健康診断の数ヶ月後に病気を発症して、
次の健康診断までに進行してしまうこともあります。

だからこそ、健診でわかることは、
見逃しがないように、ちょっとした異常でも
しっかりと精密検査をした方が良いと考えます。

【お知らせ】
森のいぬねこ病院では、
2017年10月末まで、
安心健診キャンペーン
を実施しています。

安心健診キャンペーンでは、
通常の健診に加えて、
デンタルチェックを無料
で実施させていただいております。

ぜひこの機会にご利用ください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




高齢期、幼少期の犬が注意すべきジステンパー

こんにちは!!
今回は『犬のジステンパー』についてお伝えします。
本記事は、過去に私が寄稿したものを許可を得て転載しています。
無断での引用、転載は禁止しておりますので、ご了承ください。




体力低下がいちじるしい老犬が注意すべきジステンパーとは?

■ジステンパーとは

ジステンパーウイルス感染症と呼ばれる病気のことで、免疫がつかない幼少期に感染、発症することが多いウイルス感染症です。もちろん、幼齢犬だけでなく、免疫力が低下した老齢犬での感染も見られることがあり、感染した犬に重い症状を引き起こすだけでなく、周囲の犬への感染源になるため、注意が必要です。

 

■ジステンパーウイルス感染症の症状

ジステンパーウイルス感染症は、大きく分けて2段階で症状を示します。まず感染後3〜6日くらいに熱が出ます。しかし、この時は目立った症状もなく、一旦熱が下がってしまいますので、実際には多くの方は気付かず過ごします。

その数日後に再度熱が出てきて、今度は熱だけでなく、鼻水や目やに、元気食欲低下といった症状を示すようになります。さらには嘔吐や下痢、肺炎、けいれん発作、鼻や足のパッドが固くなったり、眼球の奥にある網膜や神経の炎症が見られることがあります。

Lonely old dog waiting for owner

特にけいれん発作は、ウイルスが中枢神経に感染することで引き起こされますが、なんとか感染を克服しても、後遺症として様々な神経症状が残ってしまうことがあります。

また、ジステンパーウイルスに感染すると、さらに免疫力が低下しますので、その他の細菌感染(日和見感染)も起こりやすく、肺炎などを併発することがあり、さらに病態が悪化してしまいます。

 

■ジステンパーウイルス感染症の原因

もちろん、原因はジステンパーウイルスに感染することによって起こります。ジステンパーウイルスは、ウイルスを保持している犬からの空気感染や、くしゃみ・鼻水に接触してしまう飛沫感染によって感染します。

 

■ジステンパーウイルス感染症の予防及び治療法

ジステンパーウイルスは、ワクチン接種により予防可能です。しかし、ワクチン接種前の幼齢期や、ワクチンを打たなくなった老齢期、あるいはワクチンによる免疫が付きづらい犬では、感染リスクになります。

通常、生後間もなくの仔犬は、母犬からの移行抗体という免疫を受けていますので、ジステンパーウイルスに感染しづらい状態になっています。しかし、その移行抗体も生後2ヶ月くらいから、どんどん無くなってしまい、ウイルス感染が起きやすくなります。

Veteriner

また、老齢期では、ワクチン自体が体の負担になるからという理由で、ワクチン接種を行わないケースもあり、その場合は感染しやすい状態になってしまいます。また別の病気でステロイド薬などを飲んでいると、ワクチンを打っても効果が弱くなってしまうことなどもあります。

ですので、ジステンパーウイルスの感染を予防するためには、こういった効果の薄まらない状態で、ワクチンを打つことが大切です。特に幼齢期は複数回のワクチン接種が必要ですし、老齢犬でも「年だから」という理由で打たないのではなく、明確な病気で明らかにワクチンがリスクになる場合を除いて、接種してあげることが重要です。

a dog is sick, and it is administered IV

また、ワクチンを打てない場合には、他の犬との接触を避けることが重要。野犬が出るリスクのある野山や、繁殖動物がいるペットショップやペットサロンなどへは出かけないようにするなどの工夫が必要です。

過去にワクチン接種歴がある場合には、その過去のワクチンの効果がどれくらい残っているのか、「抗体価」というものを測定してみるのも良いでしょう。もし、十分な抗体価が維持できていれば、しばらくはワクチンを打たなくても、ウイルスに感染するリスクは小さいといえます。

ジステンパーウイルス感染症にかかってしまった場合、残念ながら特効薬的な治療は存在しないため、あくまで支持療法を中心に行います。発熱や嘔吐、下痢があると脱水したりしますので、それを改善させるための輸液や、ジステンパーウイルスによる免疫低下で引き起こされる二次的な細菌感染を抑えるための、抗生物質の投与などを行います。

 

■まとめ
ジステンパーウイルス感染症は、ワクチン接種前の幼齢期や、体の負担を考えてワクチンを打たなくなった老齢犬では、感染リスクがあります。ジステンパーウイルスは空気感染で容易に感染しますし、また感染してしまうと特効薬的な治療はないので、できる限りワクチンなどで「予防」してあげることが重要です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




無麻酔スケーリングへの思い・・・その3

こんにちは!!
今回も無麻酔スケーリングを
してはいけない理由
をお伝えします。

今までのしてはいけない理由
その1
その2
と続き、今回は最後の3つ目の理由をお伝えします。




私が強く無麻酔スケーリングを
否定している理由その3・・・

無麻酔スケーリングを受けている方の
ほとんどが結果的に悲しんでいる

からです。

これまでお伝えした中で、
無麻酔スケーリングによって
歯周病が知らずのうちに進行
知らないうちに歯がボロボロ
無麻酔スケーリング後に体調を崩す
そういったところが問題点となります。

無麻酔スケーリングを受けていると、
歯周病の進行や歯の傷害は見逃され、
すぐには気づかない、
そして気づいた時には手遅れ
になっています。

実際に、歯周病に気づいたとしても、
高齢で様々な慢性病を発症しているため
麻酔リスクが高すぎ、命がけの治療になったり、
歯周病が実はそれらの病気の悪化を助長している
ことに気づいた場合、

飼い主の方は全員
「もっと早くきちんと治療しておけばよかった」
とおっしゃいます。

しかし、そこまでの状態に陥ると、
元に戻すことはできません。
命がけで麻酔を乗り越えたとしても、
ほとんどの歯がなくなってしまいます。

もちろん、歯がなくなることよりも、
歯周病の苦しみから解放される方が
よほど良いのか、
歯周病治療を受けた動物のほとんどが、
治療前よりも元気になります。

しかし、それでもほとんどの飼い主の方は、
歯周病を放置してきたことを後悔されます。

ですので、そうなる前に、
あなたには、きちんと歯周病に向き合っていただきたいのです。
無麻酔スケーリングという
目の前のエサにつられて、
その後の苦しみ、後悔がないよう、
私の思いが伝われば幸いです。

【お知らせ】
森のいぬねこ病院では、
2017年10月末まで、
安心健診キャンペーン
を実施しています。

安心健診キャンペーンでは、
通常の健診に加えて、
デンタルチェックを無料
で実施させていただいております。

ぜひこの機会にご利用ください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




無麻酔スケーリングへの思い・・・その2

こんにちは!!
今回は前回からの続きで、
無麻酔スケーリングを強く否定する
理由の2つ目です。

それは、無麻酔スケーリング後の
トラブルが多い、
トラブルに気づかない
という点です。




歯は一見すると硬くて頑丈に見えます。
しかし、その表面は非常に傷つきやすく、
傷ついてしまった歯は、そのあとは
簡単に歯垢・歯石が付着してしまい、
歯周病がさらに進行してしまいます。

ですので、歯石除去をする作業は、
非常にデリケートな作業になるのですが、
無麻酔スケーリングでは、
動物が動いてしまうので、
歯を傷つけてしまうリスクが高くなります。

そして実際に、無麻酔スケーリングを受けている
動物を診察させていただくと、
歯の表面がガタガタになっているケースが
非常に多いのです。

つまり、歯石を除去する代わりに、
歯を傷つけるという代償を伴っています。
そしてそれは結果的に、
歯周病進行の手助けをしているのです。

また、歯周病があるにも関わらず、
無麻酔スケーリングを行うことで
トラブルが発生することがあります。

歯周病とは歯の周りに、病原細菌を含む
様々な物質が付着している病気です。

そして歯周病にかかっている動物の歯肉は、
非常に脆く、歯石除去の際に簡単に出血してしまいます。

歯肉から出血すると、そこに歯周病細菌が侵入し、
全身に細菌が巡ってしまいます。
そしてそのような状態に陥った動物の中には、
発熱などの感染症症状を発症するケースもあります。

無麻酔スケーリングを行う施設の中には、
「歯周病を持つ動物は施術しません」
と書いてあるところもありますが、
犬も猫も歯周病の罹患率は
実に8割以上
というデータもあります。

そしてそれは私自身の診療の中でも、
その罹患率の高さは実感しています。

そうなると、無麻酔スケーリングを行える動物は
ほんのわずか
のはずです。
なのに結構予約が取れないくらい人気のあるところもあるようです。

いずれにせよ、
無麻酔スケーリングが歯周病を助長する
無麻酔スケーリングで体調を崩す
ケースが多く見られ、あまりにリスクが高すぎます。

これが私が無麻酔でのスケーリングを
否定している2つ目の理由です。
(続く)

【お知らせ】
森のいぬねこ病院では、
2017年10月末まで、
安心健診キャンペーン
を実施しています。

安心健診キャンペーンでは、
通常の健診に加えて、
デンタルチェックを無料
で実施させていただいております。

ぜひこの機会にご利用ください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




無麻酔スケーリングへの思い・・・その1

こんにちは!!
森のいぬねこ病院では、現在のところ、
無麻酔スケーリングは行わないよう
周知させていただいています。

でも、今でも時々、
「そちらで無麻酔スケーリングやってるって
聞いたんですけど」
というお問い合わせをいただきます。




確かに、開院当初は、今ほど
無麻酔スケーリングを否定していませんでした。
ですので、当時のホームページにも、
どうしても歯周病治療を受けられない場合は、
無麻酔スケーリングもありかな、
なんて表現をしていました。

それが今でも無麻酔スケーリングをやっている病院
と勘違いされているのかもしれません。

では、なぜ無麻酔スケーリングを否定するようになったのか。

その理由は、3つあります。

一つは私自身、
そこまで無麻酔スケーリングで
被害を受けた動物を見てこなかったこと。

実際に森のいぬねこ病院を開院するまで、
無麻酔スケーリングをしている動物を
見る機会があまりなく、
そこまで問題あるものだという実感が
あまりありませんでした。

ですので、歯周病治療の費用の問題などで、
治療できない方は、何もしないよりは
無麻酔スケーリングでもやった方が良いのかなと
考えていました。

ですが、実際に無麻酔スケーリングを
行なっている動物と接してみて、
それがとんでもないことに気づいたのです。

それは、
無麻酔スケーリングの最大の問題点

無麻酔スケーリング
=歯周病治療
と勘違いしてしまう方が続出
してしまっていたのです。

詳細は、旧ブログを含めこれまでの記事
散々お伝えしていますが、
無麻酔スケーリングで
みためがキレイになってしまうことで、
隠れた歯周病に気づかない、
さらには歯周病を指摘しても
飼い主の方に実感が湧かず、
治療してもらえない

そんな自体が多発していた(している)のです。

つまり、歯周病え動物が苦しんでいるのに
治療させてもらえない、
そんな事態に陥ってしまった(しまっている)のです。

これが無麻酔スケーリングをしてはいけない
一つ目の理由です。

例えば、無麻酔スケーリングをしていると、
一見、歯はキレイに見えます。
f0fe387fd9b9d82a996d1ab98f815ea6

しかし、実際には歯周病が進行しており、
結果として、抜歯せざるを得なく。。。
ed76536762cd3ff19fef06332f556dac
このような事態が多発しているのです!!
(続く)

【お知らせ】
森のいぬねこ病院では、
2017年10月末まで、
安心健診キャンペーン
を実施しています。

安心健診キャンペーンでは、
通常の健診に加えて、
デンタルチェックを無料
で実施させていただいております。

ぜひこの機会にご利用ください。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




ペット保険で元が取れるか?

こんにちは!!
今回は、飼い主の方からよく聞かれる
ペット保険に関する質問です。




「ペット保険って、入ってた方が得ですか?」
「ペット保険って、元が取れますか?」

ペット保険に関する質問で、
一番多く聞かれることです。

以前は、ペット保険自体が
怪しいものだ
という認識があった時代もありましたが、
数年前に法整備されてからは、
私たち人間の医療保険と同じレベルになっています。

そんな中で、上記のご質問を受けるのですが、
おそらく、得とか元って金銭的なものだと
思うのですが、

そもそも保険で元って取れるんでしょうか?

例えば、人間の医療保険、
最近だとア●ラックとか、
ア●サとかたくさんのものがあります。
その中で、ペット保険と同じ
掛け捨て型の医療保険で、
元が取れるものってありましたっけ?

というわけで、
「ペット保険で元が取れますか?」
と聞かれた場合は、
「取れません」
とお答えしています。

ただし、保険のメリット
「万が一の保障」
という点に関しては、
「元が取れる」
とお答えしています。

つまり、「得」とか「元」を
金銭的なものではなく、
動物の命、健康という視点で見た場合は、
ペット保険はお得で、元が取れるものだと思います。

現代の獣医療は日進月歩で発展しており、
今まで太刀打ちできなかった病気にも
確実にアプローチできています。

しかし、その分高額な医療機器が必要です。
そしてその費用は、動物医療の場合は、
飼い主の方からの治療費のみでまかなわれます。

ですので、万が一の治療に対して備える、
そんなペット保険は大いにアリだと思います。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ




医療ドラマの感想

こんにちは!!
私、滅多にテレビを見ないんですが、
先日、某医療ドラマを見て・・・




まず感じたことは、
「こんな美男美女揃いの
医療現場があるか〜い」

まあ、あるあるな感想ですよね。。。

さて、で、もう一つ感じたのが、
やはり人間の医療と動物医療の差。

もちろん、設備や技術の差はあります。
一昔前に比べれば、動物医療も
かなり発達したと思いますが、
やっぱりまだまだ人間医療とは
大きな差があります。
20170920_111358
でも実際に私が感じる大きな差の一つが
『医療費』
です。

ドラマの中で、指導医さんが、
研修医さんに向かって、
「お前の気がすむまで、しっかり検査しろ」
と言ってましたが、
動物医療の場合、そうはいきません。

なぜなら、その検査代の全てが
飼い主の方負担だからで、
しかも国民皆保険の人医療と違い、
動物医療の場合は全額負担。

なので、残念ながら動物医療の場合は、
命のために獣医師として
やれることがあっても、
必ず「お金はありますか?」
と聞かなければなりません。

そして、お支払いが難しい場合、
獣医療の質を落とさざるを得ません。

もちろん、私も生業としています。
ですが、医療の本質って、
やっぱり経済活動で制限されちゃ
ダメだと思うんです。

そんな悩みを抱えながら20年。

ありゃ、もう人生の半分も悩んでるのに
解決できてない。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
森のいぬねこ病院
http://morinoinuneko.com/

森のいぬねこ病院Hillside
http://morinoinuneko.com/hillside/

森のいぬねこ病院LINE@
ID: msp1206d

院長 西原克明のfacebook
https://www.facebook.com/katsuakin
(お友達申請大歓迎です!!)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

動物病院・獣医 ブログランキングへ