森のいぬねこ病院 Q & A 回答

q_a_sub_image_1_03

Q1  今まで狂犬病の予防をしていなかったんですけど大丈夫でしょうか?

A1

  • いいえ。狂犬病予防接種は法律で義務付けられていますので、生後90日を過ぎて未接種の場合、もしくは前回接種から1年以上経過している場合はなるべく早く接種してください。
  • ただし狂犬病はここ半世紀の間、日本では発生のない病気ですので何も症状がなければまず心配はありません。しかし、今日の日本はいつウイルスが侵入してきてもおかしくない状況ですので、予防接種が必要ないというわけではありません。
  • また狂犬病予防接種は、ワンちゃんと人間が心地よく暮らしていくための最低限のマナーでもありますので、必ず接種していただきますようお願いいたします。なお、狂犬病予防接種は体調が良ければいつでも動物病院で接種することが可能です。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q2  しつけが出来ていないんですけど診てもらえますか?

A2

  • はい。診察可能です。さらに診察だけでなくしつけに関しましてもアドバイスさせていただきますので、ぜひ一度ご来院されてみてはいかがでしょうか。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q3  噛み癖があるんですけど診てもらえますか?

A3

  • はい。ワンちゃんであれば、首輪やハーネスを抜けないよう調整&リードをつけてコントロールできるようにすれば、また小型犬であれば飼い主の方が抱っこでしっかり抑えることができるようにすれば、さらにネコちゃんは洗濯ネットに入れてご来院いただければ最低限の診察はできることがほとんどです。
  • ただし飼い主様ご自身もコントロールできない場合は、診察が難しいこともありますので、まずはお電話でご相談ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q4   今まで病院に行ったことがないんですが大丈夫ですか?

A4

  • もちろん大丈夫です。森のいぬねこ病院では病気の治療だけでなく、予防・健診など病気以外でもみなさんにご利用いただいております。さらにドッグカフェ、ドッグランのご利用のついでに寄っていただいても構いません。
  • どうぞお気軽にご来院ください。ご来院の際は、動物同士のトラブルを避けるため、大型犬・中型犬は首輪やハーネスが抜けないようにし、リードでコントロールできる状態でご来院ください。小型犬やネコちゃんはケージに入れた状態でご来院ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q5   料金が高そうで心配なんですが大丈夫でしょうか?

A5

  • 狂犬病予防接種や混合ワクチン、ノミやマダニ予防といった予防関係、また不妊手術などは料金が決まっておりますので、HPに掲載しておりますし、詳細はお電話やメールでお気軽にお問い合わせいただければお答えさせていただきます。
  • また病気で受診される場合は、事前に料金をお知らせすることが困難なため、一度診察させていただく必要があります。なお診察料は1050円かかりますが、それ以外は診察時にご相談させていただいた上で検査や治療をすすめてまいります。
  • また、動物の診療は人間のような国民健康保険や社会保険は適用されず全額負担が基本ですので、飼い主の方にとっては高く感じるかもしれません。その場合は動物にも医療保険はありますので、ご不安な方はご加入されることをおすすめします。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

q_a_sub_image_2_03

Q6  ワクチンの日にちが過ぎているんですが大丈夫でしょうか?

A6

  • いいえ、日本で使用されているワクチンは1年ごとの追加接種が必要になりますので、なるべく早いうちに、体調が良い日にご来院ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q7  フィラリアのお薬を飲み忘れたんですが大丈夫でしょうか?

A7

  • いいえ、飲み忘れると感染してしまうリスクがあります。また飲み忘れた期間によって対応が異なりますので、まずは一度ご相談ください。なお、感染直後は検査では確認できませんので、飲み忘れた後すぐに感染しているかどうかを調べることはできません。くれぐれも飲み忘れのないようにしてください。また1回の注射で1年間、フィラリア予防の効果が得られるものもありますので、ご希望の場合はご相談ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q8  他の病院に掛かっているんですけど大丈夫でしょうか?

A8

  • まったく問題ありません。どうかお気軽にご来院ください。森のいぬねこ病院は、かかりつけがお休みのときの一時受診や、セカンドオピニオンも受け付けております。ワンちゃんやネコちゃんのことなら何でもお気軽にご相談ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q9  獣医さんの専門ってあるんですか?

A9

  • はい。厳密には人間のお医者さんの専門とは異なりますが、多くの獣医師は得意分野をもっています。
  • 森のいぬねこ病院院長の西原は、外科手術から再生医療といった椎間板ヘルニアの治療、および外科手術を中心とした腫瘍(がん)の治療を得意としています。
  • その他にも大学や検査会社、サプリメント会社との共同研究なども行ってきたため、皮膚科、麻酔科、循環器科、脂質代謝検査(高脂血症の検査)などに関しても診療技術の向上に積極的に取り組んでいます。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q10 前の予約をドタキャンしてるんですが大丈夫でしょうか

A10

  • まったく問題ありません。もちろんキャンセル料はありませんし、予約の制限もありません。どうぞお気軽に再度ご予約・ご来院ください。またほかの患者さんの待ち時間を少しでも減らすため、キャンセルの場合はご連絡いただけると幸いです。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

q_a_sub_image_3_03

Q11 前待合室が狭くて待ちにくいんですが呼び出しとかしてくれますか?

A11

  • はい。森のいぬねこ病院はカフェも併設していますので、そちらでお待ちいただくことも可能ですし、大型駐車場もございますのでお車でお待ちいただくことも可能です。
  • もちろん順番がきましたらお声掛けさせていただきますので、安心してお待ちいただけます。なおカフェやお車でお待ちになる場合は、受付にお声掛けをお願いいたします。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q12 子どもと一緒に行っても迷惑じゃないでしょうか?

A12

  • まったく問題ありません。ただいろんな性格の動物が集まる場所ですので、アクシデントのないよう目を離さないようにご注意をお願いいたします。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q13 料金や治療の説明ってしてもらえますか?

A13

  • はい。森のいぬねこ病院では、病状から検査・治療内容までご説明させていただき、飼い主の方にご理解をいただいた上で治療をすすめていくよう心がけております。
  • また料金に関しましても、できる限り事前にご提示させていただくよう努めております。診察内容や料金に関して気になることがありましたら、どのスタッフでも構いませんので、お気軽にご相談ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q14 クレジットカードは使えますか?

A14

  • はい。各種クレジットカードを取り扱っております。分割回数はカード会社によって異なります。なおボーナス一括とリボ払いは対応しておりません。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q15 夜間や早朝に具合が悪くなっても診てもらえますか?

A15

  • まずは緊急電話番号090-8786-4526までご連絡ください。できる限り対応させていただきます。
  • また電話に出られないときはスタッフから折り返しご連絡いたします。折り返しがない場合は大変お手数ではございますが、仙台市獣医師会夜間救急動物病院(022-292-3299)へご連絡お願いいたします。
  • 現在森のいぬねこ病院では、獣医師1名、動物看護師2名体制ですが、できる限りの対応を行ってまいります。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

q_a_sub_image_4_03

Q16 検査とか時間がかかるんじゃないですか?

A16

  • たしかに検査の種類やその日の検査スケジュールによってはお時間をいただくこともございます。その場合は、飼い主の方のご都合に合わせてお預かり時間やお迎え時間を設定させていただき、その上での検査を実施することも可能です。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q17 送迎ってしてもらえるんでしょうか?

A17

  • はい。事前にご予約が必要ですが、送迎可能です。また緊急時も対応しておりますので、ご希望の場合はお電話にてご連絡ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q18 セカンドオピニオンで診てもらえますか?

A18

  • はい。森のいぬねこ病院では開院以来、セカンドオピニオンも多く受け付けさせていただいております。検査資料などをお持ちいただければ、必要最小限の診察での対応も可能です。まずはお気軽にご相談ください。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧

Q19 検査をしないと治療はしてもらえませんか?

A19

  • 治療内容によって異なりますが、どんなものでも視診、触診、聴診といった一般身体検査は必要です。ただし一般身体検査の検査費用は診察料に含まれております。
  • 一方、治療方法の選択にどうしても検査が必要なときもあります。またどんな治療にも薬の副作用などといったリスクは生じます。つまり治療によって逆に動物の状態を悪化させることもありますので、そうならないためにも検査が必要なときもあります。
  • こういった場合は、検査を行った上での治療が必要になります。ただしどんな状況でも検査の必要性をしっかりとご説明させていただき、ご理解いただいた上で進めてまいりますので、どうか安心して受診していただければと思います。
  • 森のいぬねこQ&A 質問一覧