タグ別アーカイブ: 何でも相談

HILLSIDEがもっとおもしろくなります!!!

皆さんこんにちは☀︎

どんより雲もなんのその!!

今日も森のいぬねこHILLSIDEは楽しくおかしく診療中です♪

IMG_0729

今日のご紹介は、

以前のブログにも登場のマリンちゃん☆

前回に引き続き、ハンドメイドのお洋服で来院されました。

IMG_0714

すべてお母様の手作りです♪

年に1度の混合ワクチン接種。

当院ではしっかり全身を診察させて頂いてからの接種となりますが、

ついつい今回もお洋服の撮影会をしてしまいました。笑

 

 

さて、タイトルにもご紹介の通り

今月からこちら、錦ヶ丘HILLSIDEはモール全体が

もっともっとおもしろくなります!!!

イルカやペンギンじゃないんです!

まさかの生き物たちと出逢える、触れる!!

いつものお魚も、いつも通りじゃないんです!!!

”今までに見たことのない水族館”

 

そういえば、私はまだ行けていませんが

キティちゃんカフェも登場しています!!

 

錦ヶ丘のHILLSIDEは

女の子も、男の子も、大人たちも、

さらに動物たちも楽しめる空間にどんどん進化しています!!

 

詳しい内容は、、、

こちらをご覧下さい♪

 

IMG_0733

水族館のオープニングイベントに急遽出演することになったふっちょさん。

カーター君もまさかの壇上に!

さすがドアマン*カーター君

壇上で大勢の注目を浴びてもどっしりと構えておりました!

IMG_0735

その後のイベントも見学。

カーター君、ダンスに乗せて合いの手をいれてくれてました。

 

これからのHILLSIDEモールが楽しみですね〜〜♪♪♪

 

森のいぬねこHILLSIDEは、

日々の気になること、

”機会が無いと相談できない”ことを

”機会が無くても相談できる”病院です!!

モールに遊びに来たついでにぜひぜひお気軽に病院にお立ち寄り下さい☆

 

本日も獣医師*とうのがお届けしました〜^^


ご自宅でのケアが大切♪〜第1話〜

皆さまこんにちは。

今週も森のいぬねこHILLSIDEは梅雨にも負けず、ほんわか診療中です☀︎

 

さて、本日は

”ご自宅でのケアで予防できる病気”

のご紹介です!

まず第1話でお話しするのは

 

ーーー外耳炎ーーー

 

耳垢が貯まって細菌や真菌(カビの一種)が繁殖、炎症を起こし、

とーーっても耳が痒くなってしまう病気です。

 

想像して下さい。

『耳がものすごく痒い。ずっと痒い。眠れないほど痒い。』

 

辛いですよね・・・

 

わん&にゃんは「かゆい」と言えないので、

気付いた時には重度の外耳炎に!

なんてパターンも珍しくありません。

 

外耳炎が広がって、中耳や内耳まで侵されると

まっすぐ歩けなくなったり、

耳が聞こえなくなったり、

顔が麻痺してしまったり、、

恐ろしい神経系の病気の原因にもなり得るんです!!!

 

そうならないためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

まず、

1.「かゆみ」のサインを見逃さない

耳あかがついている。

前足や後ろ足で耳の辺りを掻く。

床に頭を擦り付ける。などなど。。

 

次に、

2.病院に行く

上記の行動がひとつでも当てはまる場合、

まず一度病院に行って耳の奥を診てもらいましょう。

その重症度によって、お薬が必要になる場合や、

無理に耳掃除しない方がいい場合などを判断することが出来ます。

(特に外耳道や鼓膜が傷ついている場合に耳掃除をすると

外耳炎を悪化させたり、他の病気を招いてしまう場合もあります。)

また、外耳炎を繰り返してしまうわんにゃんは、

『外耳炎を起こす原因の病気』が他に隠れていることも!!

適切な耳掃除の方法やタイミング、お薬の要不要、原因疾患の発見など、

まずは病院にてアドバイスさせてください!!

 

IMG_0703

 

そしてこれが一番大切、

3.日々のケア

これは外耳炎になっていなくても

是非とも実施して頂きたいことです!

「かゆい」は炎症が起きつつある・既に起きている証拠。

そうなる前にご自宅でも耳掃除ができたらカンペキです♪

もちろん、ご自宅でのケアが大変なときは

こまめに病院やトリミングでお掃除してもらうのもアリですよ!!

 

IMG_0512

 

耳は脳の近くにあり、神経たっぷりの

とっても大切な器官です。

 

一度外耳炎になると治しても治しても繰り返してしまうことが多く、

非常に厄介なんです。

 

かゆがっているのか分からない、

耳掃除の仕方が分からない、

嫌がってご自宅ではケアできない、

などなどございましたら

いつでもご相談下さい♪

IMG_0700

dogwood*うずらちゃん

今日は森のいぬねこHILLSIDEにてお耳掃除と予防接種です♪

耳の垂れてるわんにゃんはこれからの蒸れやすい季節、

特に要注意ですよー!!!

 

本日の担当は獣医師*とうのでした!


わんちゃんの寿命

皆さまこんにちは☀︎

 

大変ご無沙汰しておりました。

そろそろ昼間は暑くなってきましたね〜。

 

季節の変わり目は体調を崩すわんにゃんが多いのか、

森のいぬねこ病院HILLSIDEはしばらくバタバタとしておりました。

が、無事に入院のわんちゃんたちも体調が落ち着き、

尻尾をふりふり退院の運びとなりました♪

IMG_0684

さて、つい先日、獣医学専門誌「Preventive Veterinary Medicine」内で、

2011年度における日本国内の犬の平均寿命が発表されました。

 

気になるわんちゃんの平均寿命は

 

13.7歳!!!

 

(合計299,555頭のデータから算出)

 

・体重が重くなる程、平均寿命も短い

・死因として、悪性新生物(ガン)が多い

・老齢期に入った小型犬には心血管系の病気が多い

 

などの傾向も発表されています。

IMG_0486

シアンドブリエ看板犬のたまごちゃんは今年で6歳♪

(現在しっぽのしこりを取る手術のため芋沢のdogwoodに帰宅中…)

まだまだ元気で若いけれど、油断は禁物!!

 

皆さまのご家族のわんちゃんはおいくつでしょうか??

 

わんちゃんは1歳を過ぎると「成犬」

7歳を過ぎると「シニア」といわれます。

 

人間の7歳はようやく小学生になった頃。

一方でわんちゃんの7歳は身体の老化が進む頃。

 

「まだまだうちの子は元気だから大丈夫!」

なんて油断していませんか??

 

わんにゃんは身体の違和感、痛いところ、辛い症状、

上手に伝える術を持っていません。

それどころか、本能的に我慢して隠してしまう子も多いんです。

 

そんなわんにゃんのために、

森のいぬねこ病院HILLSIDEでは半年に一回の健康診断をおすすめしています!!

森のいぬねこ健診コース

 

「半年に1回は多いのでは?」

と思われるかもしれませんが、

人間の年齢軸にあてはめてみると2〜3年に1回の健診ということになります。

そう考えると、3ヶ月に1回(人で言う年1回の健診)でも多くはないんです。

IMG_1496

ドアマン*カーターくんは今年で10歳♪

(おむつにウォーリーがひっついてても気づかない無邪気さは健在です♡)

血液検査、腹部&心臓の超音波検査、レントゲン検査、

尿検査、眼科検査、デンタルチェック・・・

開院以来、何かにつけて全身チェック済み!!

 

病気を早期に発見し、辛い・痛い・苦しい思いを出来る限りさせないよう、

自分で病院に行けないわんにゃんのために、

飼い主様がしっかりと気をつけてあげて下さいね♪

IMG_0648

私もそろそろかニャーーーなちびちび。

にゃんここそ、症状を隠してしまうので要注意です。。。

 

※健診当日は朝ご飯を抜いてきて下さい。

※検査にあたって数時間お預かりさせて頂きます。前日までのご予約をお願い致します。

 

本日の担当は久しぶりの獣医師*とうのでした☀︎


ほんわか院内のご紹介♪

「誰からの電話ですか?」(ミセスいしぐろ)

「ケ◯ズデンキからです」(ふっちょさん)

「え?誰がゲンキなんですか?」(ミセスいしぐろ)

 

皆さんこんにちは。

今日もほんわかする会話が繰り広げられている

森のいぬねこ病院HILLSIDEです☀︎

 

先日のひとコマ。

IMG_0549

ドアマン*カーターくん

dogwood出身*ジャーノちゃん

がお出迎えするのは

IMG_0558

同じくdogwood出身*ぶるくん

ワクチン・ノミダニ予防・フィラリア予防のために来てくれました!

完璧な予防で快適なわんライフ♪

そして素敵なモヒカン♡

IMG_0563

さて、先日体重管理についてお話しさせて頂きましたが、

体重管理といっても色々。

 

◯ダイエットするためのごはん

◯太りやすい子でも体重管理がしやすいごはん

 

などなど!

IMG_0620

例えば上の写真のピンク色のごはん。

避妊・去勢手術をすると多少太りやすくなりますが、

そんなわんちゃんのために低カロリーに作られています!

 

このごはんは、

◯歯の健康維持

◯腸内細菌バランスを整える

◯皮膚のバリア機能を高める

◯尿路トラブルのためのpHケア

などなど、体重管理以外のことも配慮されています!!

 

先日登場のジェームスくんは

写真左側の満腹感サポートでダイエット中♪

ぶるくんは右側のニュータードケア♪

 

予防も食べ物も、

快適なわんにゃんライフを準備してあげられるのは飼い主様です☆

 

そんな飼い主様の応援をさせて頂きたい!

”病院に来るのは病気のときだけ”

ではないんです!!

 

わんにゃんの日々の生活、健康の事、

気さくなスタッフにいつでもお声がけ下さい♪

IMG_1291

ふっちょさんブログにも載っていますが、

森のいぬねこの特大キャットタワー

”カトータワー”と名付けたいと思います。(勝手に)

Dr.カトーサンダルがちょうど良いサイズ♪

にゃんこがご家族にいらっしゃる方はぜひ!

カトー先生と猫談義を♪

おもしろくてためになりますよ!

 

本日の担当は獣医師*とうのでした!


薬をあげていれば安心、って本当??

皆さんこんにちは。

先日のふっちょさんブログでもご指摘があった通り、

東北に来てから◯◯kg増体した獣医師*とうのです。

(東北のご飯や日本酒、どれも美味しくって、、苦笑)

今日は、そんな私が現在最も実感している

『肥満は病気。肥満と病気。』のお話をさせて頂きたいと思います。

肥満は病気です。

さらに、肥満という病気のせいで他の病気にまでかかってしまうことがあるんです。

 

◯イメージ湧きやすいですよね【関節疾患

体重が増える。

↓ ↓ ↓

関節の負荷が増える。

↓ ↓ ↓

関節炎や、慢性化で骨の変形を起こす。

 

◯意外とある怖い病気『心臓疾患』

身体に異常に脂肪が貯まっている。

↓ ↓ ↓

全身の血流量が増える。

↓ ↓ ↓

心臓が本来の体格以上に頑張らないといけなくなる。

↓ ↓ ↓

心臓の負荷が増える。

IMG_0523

そうなんです。

現在私は、膝の痛みに悩まされているんです。

増体したこのままで放置していれば、

関節炎が悪化し歩けなくなる可能性もあるわけです。

もしかしたら心臓も。。。

 

このような疾患については、治療の根底となる

『体重管理』がしっかりなされていないと

どんなお薬もサプリも効果が得られなくなります。

基礎となる『体重管理』

その上でようやくお薬が効果を発揮できるわけです!

IMG_0201

肥満という病気を治す為のごはん『満腹感サポート』による

ダイエットプログラムにエントリーしているジェームスくん。

日々のお散歩ついでに体重チェック♪

お父様お母様と一緒にがんばってくれています!

IMG_0195

少しずつくびれが!!!

私もラーメン部の活動頻度を考え直さないと!!

ジェームスくん、一緒にがんばろうね♪

 

体重チェック・ご飯についてのご相談は

森のいぬねこ病院HILLSIDEまでお気軽におこしください♪


予防、してますか??

皆さんこんにちは。

徐々にあたたかくなってきましたが、

昼夜の寒暖差はあなどれませんね〜

皆さんも体調にはくれぐれもご用心を!

IMG_0483

さて、本日は『森のいぬねこ予防プログラム』

のお話をちろっとさせて頂こうかと思います。

 

今までのブログでも、狂犬病、フィラリア、ノミダニ、などなど

お話させて頂いてましたが、

「じゃあいったいどの時期にどうすればいいの?」

を今日、解決したいと思います。

 

【ワンちゃんの予防プログラム】

 

*狂犬病予防接種(年に1回の注射)*

法律で接種が義務づけられています。

初年度は接種時に市へ登録。

翌年からは毎年春にハガキが届きますので、

ハガキを持って予防接種にいらしてください。

 

*混合ワクチン(年に1回の注射)*

身近な病気の予防。

初年度は3回接種しますが、その後は1年に1回の接種となります。

命に関わる病気も多いので、しっかり予防しておきましょう。

 

*フィラリア予防&内部寄生虫駆除(月に1回のおやつ薬)*

蚊からうつって心臓に到達し、

死に至らしめるフィラリア症の予防や

人にもうつることのある消化管内寄生虫の駆除に。

森のいぬねこでは毎月1回1年間(年に12回)

の通年予防をお勧めしています!

 

*ノミ・マダニ予防(月に1回滴下タイプか飲み薬のどちらか)*

皮膚炎やウイルス病の媒介など、

人にも動物にも病気をもたらすノミやマダニの予防です。

森のいぬねこでは毎月1回1年間(年に12回)

の通年予防をお勧めしています!

 

IMG_0492

 

【にゃんこの予防プログラム】

 

*混合ワクチン(年に1回の注射)*

身近な病気の予防。

初年度は2〜3回接種しますが、その後は1年に1回の接種となります。

わんちゃんと同じく命に関わる病気も多いので、

しっかり予防しておきましょう。

 

*ノミ・マダニ予防(月に1回滴下タイプか飲み薬のどちらか)*

わんちゃんと同じくにゃんこにも!!

 

*内部寄生虫駆除(月に1回の滴下タイプか飲み薬)*

消化管内寄生虫の駆除に。

わんちゃんだとフィラリアの予防薬で駆除できますが、

にゃんこはまた別にお薬が必要となります。

 

*フィラリア予防薬(月に1回の滴下タイプ)*

にゃんこに呼吸器症状や突然死を起こすフィラリア症。

にゃんこのフィラリア症はまだまだ有名ではありませんが、

「ただ知られていなかっただけ」で、

実際の感染数は10頭に1頭という報告も!!

日本全国のにゃんこのうちの1割って、、、

いったい何頭??!というくらい多いですよね。

わんちゃんと同じく、毎月1回の通年予防をお勧めしております!

 

色々と書きましたが、

わからない時はとりあえず病院へ!!

IMG_0502

何度も出てきた【通年予防】についてはまた後日…

ちなみに本日の写真は

 

シアンドブリエ看板犬*スタンダードプードルのたまごちゃん

普段は芋沢にいるdogwoodの看板アルパカ*オリーブとカカオ

同じく看板ミニブタ*てんちょくん

 

でした!!!

 

GWの間、HILLSIDEにて出張動物園のお仕事に来てくれています!

皆さんもぜひ、遊びにいらして下さいね〜♪

 

本日の担当は獣医師*とうのでした!


発見しづらい病気って?

こんにちは!今日もいい天気ですね〜

みなさん、GWはいかがお過ごしですか?

ヒルサイドアウトレットはGWのイベントがいっぱいで楽しそうです♪

イベントに負けないくらいの元気さで森のいぬねこ病院ヒルサイドは

今日も診察をしております!!

 

さて、今日は発見しにくい病気についてお話ししたいと思います。

その病気とは・・・「甲状腺機能低下症」という病気です。

本当に、いつ起こったのか、いつからなのかがわかりにくい

とても変化に気づきづらい病気なのです。

甲状腺機能低下症とは簡単に言うと、元気がなくなる病気です。

基本的な症状は

・動作が鈍くなる
・全身がぶよぶよむくんだようになる
・心拍数と血圧の低下

などという症状があります。

IMG_5798

この子は甲状腺機能低下症になってしまった、芋沢のベイリーちゃんです。

元気がなく、排便もしないところを気づいてくれた人が病院へ連れてきてくれて

甲状腺機能低下症ということが分かりました。

ですが、お薬をきちんと飲んで元気になりました!

IMG_5836

よかったね、ベイリーちゃん!☆

本当にとても気付きづらい病気なので

みなさまも、自分達の家族であるワンちゃん、猫ちゃんをよく観察して

少しの変化に気づいてあげてください。

何かおかしいな、と思った時はお近くの動物病院へご相談ください。

 

では今日はこのへんで失礼致します!看護師遠藤でした!


日々進歩!!!

皆さんこんにちは!

本日のHILLSIDEはあいにくの雨☂

錦ヶ丘の桜も次の季節に向け、葉をつけはじめたようです。

仙台市の中では錦ヶ丘の見頃は遅い方だったようですが、

皆さんはお花見楽しめましたか??

IMG_0371

ワクチン接種とノミ・ダニ予防に来てくれた黒猫兄弟の拓くん&仁くん。

第2診察室*通称『ねこ部屋』にて自由に歩き回りながらの診察。

ねこ部屋に慣れてリラックス♪してからの、

なかよし兄弟のかわい〜いじゃれ合い仕草にメロメロのとうのでした♡

(写真は拓くん、お注射の時もとーーってもおりこうさんでした☆)

 

人の衣服や同居のわんちゃんのからだにくっついて

ノミ・ダニは家の中に侵入してきます。

春になってつくづく感じること、

”ノミ・ダニは本当に身近にいる”んです!

診察中もよく見かけます…

飼い主さまの目撃情報も多数…

外出しないわん・にゃんも予防はカンペキに!!

 

IMG_0411

こちらは極度の怖がりさんで、外出もままならず、

しつけの訪問レッスンを受けていた拳くん。

1ヶ月半のレッスンで病院に予防接種を受けに来られるように!!

IMG_0396

でもやっぱり緊張あくび…

拳くん、がんばりました☆

レッスン開始前の様子からは想像できないほどの進歩!

わんちゃんのコマッタ解決はぜひ、

dogwood専属トレーナー*のぐてぃー先生にご相談を!

野口晴生のWAN☆クラス!

 

仙台市の

・動物病院

・しつけ教室

・トリミング

・ドッグラン

・ドッグショップ

・ドッグカフェ

・ドッグホテル

わんちゃんのあれこれをトータルケア!

お気軽に森のいぬねこ病院HILLSIDEまでご相談ください♪

 

今日の担当は獣医師*とうのでした!


ミューク先生♪

皆さんこんにちは。

桜満開の錦ヶ丘HILLSIDE☀︎

錦ヶ丘は今週末がお花見のラストチャンスになりそうです。

IMG_0315

先日のブログにも登場したミューク先生。

(私、とうのの聴診器をかけてしっぽフリフリしてくれてます♡)

数日間検査&治療をしていましたが、どうにか回復の兆しです!!

気になることは何でも相談!

というミュークくんママの早い判断のおかげ♪

 

どこが痛いのか、何が辛いのかを

教える術を持たないわんちゃん・にゃんちゃん。

少しでも気になったら、ためらわずに動物病院にご相談ください(^^)

 

IMG_0184

また、森のいぬねこ病院HILLSIDEには、

大手フードメーカー・ロイヤルカナンさんの

『栄養管理アドバイザー』認定を受けたスタッフが常駐しております。

(認定試験、とても難しかった…)

 

わんちゃん・にゃんちゃんは自分でご飯を選べません。

病気にならないためのごはん、

病気になってしまってからのごはん、

選んであげられるのは飼い主さまです!

IMG_0185 IMG_0186

人も動物も、明日のからだは今日のごはん!

フード選びに迷ったら、ぜひ当院スタッフにご相談ください!

 

 

本日の担当は獣医師*とうのでした♪

ちなみに私の地元は1週間前に桜が散ってしまいました…


***開院1ヶ月***

皆さんこんにちは!

なななんと!おかげさまで

森のいぬねこ病院HILLSIDEは本日、開院1ヶ月をむかえました!!

IMG_0322

荷物の移動などでごった返していた院内も落ち着き、

皆さまのご協力のもとスムーズに診療をさせて頂くことができております。

IMG_0854

病院の玄関上にある

『森のいぬねこ病院 HILLSIDE』

の文字は、ちょうど1ヶ月前の開院前夜に

dogwoodのトリマーさんやドックトレーナーさんが取り付けてくれたものです。

森のいぬねこ病院HILLSIDEは病院スタッフだけでなく、

社員ひとりひとりの協力のもと、開院までこぎつけることができました。

IMG_0857

Making scene1:窓ふきをする石黒先生

IMG_0856

Making scene2:「診察室2」の文字を貼付けるアフロの人

IMG_0858

Making scene3:電ノコを運ぶ力持ちのトリマーさん

IMG_0865

開院当初はどこに何を置くか、から始まった受付も

今や看護師さんたち馴染みの場所となりました。

IMG_0321

HILLSIDE敷地内のなかでも少し分かりにくい場所にありますが、

この看板を目印に是非一度お越し下さい♪

くつろげる広々待合室にて

相談しやすい気さくなスタッフがお待ちしております♪

image

これからも森のいぬねこ病院HILLSIDEを末永くよろしくお願い致します!!

 

 

今日の担当は獣医師*とうのでした!