カテゴリー別アーカイブ: 予防

ご自宅でのケアが大切♪〜第1話〜

皆さまこんにちは。

今週も森のいぬねこHILLSIDEは梅雨にも負けず、ほんわか診療中です☀︎

 

さて、本日は

”ご自宅でのケアで予防できる病気”

のご紹介です!

まず第1話でお話しするのは

 

ーーー外耳炎ーーー

 

耳垢が貯まって細菌や真菌(カビの一種)が繁殖、炎症を起こし、

とーーっても耳が痒くなってしまう病気です。

 

想像して下さい。

『耳がものすごく痒い。ずっと痒い。眠れないほど痒い。』

 

辛いですよね・・・

 

わん&にゃんは「かゆい」と言えないので、

気付いた時には重度の外耳炎に!

なんてパターンも珍しくありません。

 

外耳炎が広がって、中耳や内耳まで侵されると

まっすぐ歩けなくなったり、

耳が聞こえなくなったり、

顔が麻痺してしまったり、、

恐ろしい神経系の病気の原因にもなり得るんです!!!

 

そうならないためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

まず、

1.「かゆみ」のサインを見逃さない

耳あかがついている。

前足や後ろ足で耳の辺りを掻く。

床に頭を擦り付ける。などなど。。

 

次に、

2.病院に行く

上記の行動がひとつでも当てはまる場合、

まず一度病院に行って耳の奥を診てもらいましょう。

その重症度によって、お薬が必要になる場合や、

無理に耳掃除しない方がいい場合などを判断することが出来ます。

(特に外耳道や鼓膜が傷ついている場合に耳掃除をすると

外耳炎を悪化させたり、他の病気を招いてしまう場合もあります。)

また、外耳炎を繰り返してしまうわんにゃんは、

『外耳炎を起こす原因の病気』が他に隠れていることも!!

適切な耳掃除の方法やタイミング、お薬の要不要、原因疾患の発見など、

まずは病院にてアドバイスさせてください!!

 

IMG_0703

 

そしてこれが一番大切、

3.日々のケア

これは外耳炎になっていなくても

是非とも実施して頂きたいことです!

「かゆい」は炎症が起きつつある・既に起きている証拠。

そうなる前にご自宅でも耳掃除ができたらカンペキです♪

もちろん、ご自宅でのケアが大変なときは

こまめに病院やトリミングでお掃除してもらうのもアリですよ!!

 

IMG_0512

 

耳は脳の近くにあり、神経たっぷりの

とっても大切な器官です。

 

一度外耳炎になると治しても治しても繰り返してしまうことが多く、

非常に厄介なんです。

 

かゆがっているのか分からない、

耳掃除の仕方が分からない、

嫌がってご自宅ではケアできない、

などなどございましたら

いつでもご相談下さい♪

IMG_0700

dogwood*うずらちゃん

今日は森のいぬねこHILLSIDEにてお耳掃除と予防接種です♪

耳の垂れてるわんにゃんはこれからの蒸れやすい季節、

特に要注意ですよー!!!

 

本日の担当は獣医師*とうのでした!

LINEで送る

悪ーいヤツ・・・!

みなさんこんにちは!

今日はマダニのお話です。

福岡県で5歳の女の子がマダニを介して感染する

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したとの

ニュースがありました。

10歳以下では全国初とのこと!

image

同じくマダニが原因で感染するものとしては

ライム病というものもあります。

これは先日、歌手のアヴリルラヴィーンさんも

感染し、苦しんでいたようです…

わんちゃんやねこちゃんだけでなく、

実は人への影響もあるものなのです!

動物に付いてしまうと

・バベシア症

・日本紅斑熱

・ライム病

・Q熱

などなど…

たくさんの病気をもたらす、

とても迷惑なヤツなのです(ノω・、)

だからこそ、しっかり予防!

森のいぬねこでは、錠剤タイプとスポットタイプ(液体)を

取り揃えてあります。

錠剤は、月に1回飲ませるだけ♪

スポットタイプは月に1回垂らすだけ!

首の後ろにつける、ということは

皆さん知っていることと思いますが、

ほんの少しでいいので頭にも

つけてあげてください!

首の後ろだけだと、そこより上の

効果が十分ではない可能性があるので

最後の一滴、ぜひ頭のてっぺんにも

お願いします(*´∇`*)

IMG_0631

今日は看護師眞田がお届けしました♪

LINEで送る

ほんわか院内のご紹介♪

「誰からの電話ですか?」(ミセスいしぐろ)

「ケ◯ズデンキからです」(ふっちょさん)

「え?誰がゲンキなんですか?」(ミセスいしぐろ)

 

皆さんこんにちは。

今日もほんわかする会話が繰り広げられている

森のいぬねこ病院HILLSIDEです☀︎

 

先日のひとコマ。

IMG_0549

ドアマン*カーターくん

dogwood出身*ジャーノちゃん

がお出迎えするのは

IMG_0558

同じくdogwood出身*ぶるくん

ワクチン・ノミダニ予防・フィラリア予防のために来てくれました!

完璧な予防で快適なわんライフ♪

そして素敵なモヒカン♡

IMG_0563

さて、先日体重管理についてお話しさせて頂きましたが、

体重管理といっても色々。

 

◯ダイエットするためのごはん

◯太りやすい子でも体重管理がしやすいごはん

 

などなど!

IMG_0620

例えば上の写真のピンク色のごはん。

避妊・去勢手術をすると多少太りやすくなりますが、

そんなわんちゃんのために低カロリーに作られています!

 

このごはんは、

◯歯の健康維持

◯腸内細菌バランスを整える

◯皮膚のバリア機能を高める

◯尿路トラブルのためのpHケア

などなど、体重管理以外のことも配慮されています!!

 

先日登場のジェームスくんは

写真左側の満腹感サポートでダイエット中♪

ぶるくんは右側のニュータードケア♪

 

予防も食べ物も、

快適なわんにゃんライフを準備してあげられるのは飼い主様です☆

 

そんな飼い主様の応援をさせて頂きたい!

”病院に来るのは病気のときだけ”

ではないんです!!

 

わんにゃんの日々の生活、健康の事、

気さくなスタッフにいつでもお声がけ下さい♪

IMG_1291

ふっちょさんブログにも載っていますが、

森のいぬねこの特大キャットタワー

”カトータワー”と名付けたいと思います。(勝手に)

Dr.カトーサンダルがちょうど良いサイズ♪

にゃんこがご家族にいらっしゃる方はぜひ!

カトー先生と猫談義を♪

おもしろくてためになりますよ!

 

本日の担当は獣医師*とうのでした!

LINEで送る

予防、してますか??

皆さんこんにちは。

徐々にあたたかくなってきましたが、

昼夜の寒暖差はあなどれませんね〜

皆さんも体調にはくれぐれもご用心を!

IMG_0483

さて、本日は『森のいぬねこ予防プログラム』

のお話をちろっとさせて頂こうかと思います。

 

今までのブログでも、狂犬病、フィラリア、ノミダニ、などなど

お話させて頂いてましたが、

「じゃあいったいどの時期にどうすればいいの?」

を今日、解決したいと思います。

 

【ワンちゃんの予防プログラム】

 

*狂犬病予防接種(年に1回の注射)*

法律で接種が義務づけられています。

初年度は接種時に市へ登録。

翌年からは毎年春にハガキが届きますので、

ハガキを持って予防接種にいらしてください。

 

*混合ワクチン(年に1回の注射)*

身近な病気の予防。

初年度は3回接種しますが、その後は1年に1回の接種となります。

命に関わる病気も多いので、しっかり予防しておきましょう。

 

*フィラリア予防&内部寄生虫駆除(月に1回のおやつ薬)*

蚊からうつって心臓に到達し、

死に至らしめるフィラリア症の予防や

人にもうつることのある消化管内寄生虫の駆除に。

森のいぬねこでは毎月1回1年間(年に12回)

の通年予防をお勧めしています!

 

*ノミ・マダニ予防(月に1回滴下タイプか飲み薬のどちらか)*

皮膚炎やウイルス病の媒介など、

人にも動物にも病気をもたらすノミやマダニの予防です。

森のいぬねこでは毎月1回1年間(年に12回)

の通年予防をお勧めしています!

 

IMG_0492

 

【にゃんこの予防プログラム】

 

*混合ワクチン(年に1回の注射)*

身近な病気の予防。

初年度は2〜3回接種しますが、その後は1年に1回の接種となります。

わんちゃんと同じく命に関わる病気も多いので、

しっかり予防しておきましょう。

 

*ノミ・マダニ予防(月に1回滴下タイプか飲み薬のどちらか)*

わんちゃんと同じくにゃんこにも!!

 

*内部寄生虫駆除(月に1回の滴下タイプか飲み薬)*

消化管内寄生虫の駆除に。

わんちゃんだとフィラリアの予防薬で駆除できますが、

にゃんこはまた別にお薬が必要となります。

 

*フィラリア予防薬(月に1回の滴下タイプ)*

にゃんこに呼吸器症状や突然死を起こすフィラリア症。

にゃんこのフィラリア症はまだまだ有名ではありませんが、

「ただ知られていなかっただけ」で、

実際の感染数は10頭に1頭という報告も!!

日本全国のにゃんこのうちの1割って、、、

いったい何頭??!というくらい多いですよね。

わんちゃんと同じく、毎月1回の通年予防をお勧めしております!

 

色々と書きましたが、

わからない時はとりあえず病院へ!!

IMG_0502

何度も出てきた【通年予防】についてはまた後日…

ちなみに本日の写真は

 

シアンドブリエ看板犬*スタンダードプードルのたまごちゃん

普段は芋沢にいるdogwoodの看板アルパカ*オリーブとカカオ

同じく看板ミニブタ*てんちょくん

 

でした!!!

 

GWの間、HILLSIDEにて出張動物園のお仕事に来てくれています!

皆さんもぜひ、遊びにいらして下さいね〜♪

 

本日の担当は獣医師*とうのでした!

LINEで送る

マダニの恐怖!!

皆さんこんにちわ!

今日の天気もぽかぽか日和で気持ちのいい日が続いていますね!

錦ケ丘ヒルサイドでは、中庭で妖怪ウォッチショーが開催されてましたよ!

小さなお子さん達が踊っている中、私も踊ってしまいました、、、(笑)

 

さてさて、昨日は蚊が媒介するフィラリア症についてのお話でしたが

今日はマダニが媒介する病気についてのお話をしたいと思います!

 

 

先日、日本でマダニに噛まれて亡くなってしまった男性のニュースが報じられていました。

原因はマダニが媒介する病気のひとつとして知られる、日本紅斑熱の発症によるものだそうです。

 

日本紅斑熱は犬の症状があるのか、ないのかは未だに解明されていませんが、

人に感染すると発熱や頭痛、倦怠感なども引き起こされるそうなんです!

 

ワンちゃんの病気として多く知られるのは、バベシア症といった病気があります。

バベシア原虫というごく小さな寄生虫が赤血球を破壊してしまい、

症状は貧血、発熱、元気消失など、ひどければ急死してしまうこともあるこわい病気です。

 

いずれにせよ、動物自身、飼い主様自身のために予防は大切ですね!

CIMG7094

マダニが吸血する時に出す唾液の中には、ウイルスや菌などが含まれているため

無理に取ると人も唾液から感染してしまう可能性がありますので

もしワンちゃん猫ちゃんにマダニがついていても、無理に取らずに病院へ来て下さればと思います!

 

病院にはマダニに関するポスターなども貼ってあるのでぜひ見て行ってくださいね!

 

本日の担当は看護師・諏訪でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

予防の大切さ

みなさんこんにちは!

すっかり暖かくなり、森のいぬねこにも

予防関係で来院される方が多くなっています♪

 

さて、今日はフィラリア予防開始のため

採血をして検査をしたところ、

陽性反応が出てしまったわんちゃんがいました。

 

image

フィラリア症とは、蚊の媒介によって

わんちゃんの心臓や肺の血管などに寄生し、

血液中の栄養を吸って成長してしまう

虫に寄生されてしまう病気です。

咳が出てきたり、痩せてきたり、貧血、

腹水がたまってお腹が膨れてくる、

失神などが起こってきたりします。

寄生されてしまうと、外科による摘出と

内科的に薬剤で駆除する方法があります。

フィラリア症にならない為には、

予防薬を毎月投与してもらうこと!

森のいぬねこでは、予防率アップの為に

通年予防をおすすめしています(≧∇≦)

12ヶ月間毎月投与して頂くと、

毎年フィラリア予防スタートの前に

実施する、フィラリア検査が

必要なくなるのでわんちゃんの負担も減りますよ♪

通年で予防してもらいやすくする為、

年間パックだと通常の金額と比べて

半額でお出しできますので、お得です!

 

大切な家族を守るために、

予防を積極的にしてあげて下さいねヽ(*´∀`)ノ

 

今日は看護師・眞田がお届けしました!

 

LINEで送る

日々進歩!!!

皆さんこんにちは!

本日のHILLSIDEはあいにくの雨☂

錦ヶ丘の桜も次の季節に向け、葉をつけはじめたようです。

仙台市の中では錦ヶ丘の見頃は遅い方だったようですが、

皆さんはお花見楽しめましたか??

IMG_0371

ワクチン接種とノミ・ダニ予防に来てくれた黒猫兄弟の拓くん&仁くん。

第2診察室*通称『ねこ部屋』にて自由に歩き回りながらの診察。

ねこ部屋に慣れてリラックス♪してからの、

なかよし兄弟のかわい〜いじゃれ合い仕草にメロメロのとうのでした♡

(写真は拓くん、お注射の時もとーーってもおりこうさんでした☆)

 

人の衣服や同居のわんちゃんのからだにくっついて

ノミ・ダニは家の中に侵入してきます。

春になってつくづく感じること、

”ノミ・ダニは本当に身近にいる”んです!

診察中もよく見かけます…

飼い主さまの目撃情報も多数…

外出しないわん・にゃんも予防はカンペキに!!

 

IMG_0411

こちらは極度の怖がりさんで、外出もままならず、

しつけの訪問レッスンを受けていた拳くん。

1ヶ月半のレッスンで病院に予防接種を受けに来られるように!!

IMG_0396

でもやっぱり緊張あくび…

拳くん、がんばりました☆

レッスン開始前の様子からは想像できないほどの進歩!

わんちゃんのコマッタ解決はぜひ、

dogwood専属トレーナー*のぐてぃー先生にご相談を!

野口晴生のWAN☆クラス!

 

仙台市の

・動物病院

・しつけ教室

・トリミング

・ドッグラン

・ドッグショップ

・ドッグカフェ

・ドッグホテル

わんちゃんのあれこれをトータルケア!

お気軽に森のいぬねこ病院HILLSIDEまでご相談ください♪

 

今日の担当は獣医師*とうのでした!

LINEで送る

HILLSIDEの中庭♪

皆さんこんにちは☀︎

春は予防のシーズン!

というわけで、どこの病院さんも待合室は混雑しているのではないでしょうか…

おかげさまで森のいぬねこ病院HILLSIDEにも、

たくさんのわんちゃん・にゃんちゃんたちに来院して頂いております!

IMG_0183

↑カルテ棚も充実してきましたよ〜♪

 

さてさて話は戻りまして、

せっかくの小春日和に院内でじっと待つのはなあ、、

という方にオススメなのがHILLSIDEの中庭散歩♪

IMG_0240

カフェでテイクアウトして、中庭のテーブルでわんちゃんとご飯♪

なんてことも可能です!

(建物内はペット不可のお店もあるのでご注意ください)

 

・既に予約済みの方は、予約までのすきま時間に…

・未予約で待ち時間が長い方は、再来院の時間を受付で決めて頂いて、それまでの時間に…

 

大規模駐車場もありますので、利便性よく来院していただけます!

IMG_0248

からだの大きなスタンダード・プードルのたまごちゃんも

IMG_0263

とーーーっても大きなジャイアント・シュナウザーのクラウスくんも

IMG_0262

広い駐車場

広い待合室

広い診察室

の森のいぬねこ病院HILLSIDEを存分に活用して下さいね♪

 

今日の担当は獣医師*とうのでした!!

LINEで送る

Who is he…?

こんにちは‼!

今日は天気が冬に戻って、寒いですね…(>_<)

今日のHIll side は、朝医局に行くと…

image

新入りくんがいました笑

赤や黒のシールは、本日ブログを担当します、加藤がはりました‼!

しかし、この子の名前がわかりません…笑

誰かわかる方がいたら教えてください(‘ω’)ノ

ということで、本日は、猫ちゃんのフィラリア症について、かる~く、ゆる~く書きます‼!

フィラリアはわんちゃんだけだと思ってる飼い主さんも多いのではないでしょうか??

実は、猫ちゃんにもフィラリア症があって、わんちゃんが心臓に症状がでるかわりに、猫ちゃんは、呼吸器に症状がでてしまいます。

呼吸が苦しくなったり、場合によっては突然亡くなることも…

わんちゃんみたいに、フィラリアの子供が体の中にいっぱいいることはないので、検査をすることはわんちゃんに比べると難しいところがあります。

なので、かかってしまうと治療もなかなか難しいですし、やっぱり、予防が大切‼‼!

実は猫ちゃんのフィラリアは最近多くの報告があがっています。

IMG_0107

すでに、鼻水、食欲がない、ごはんと関係のない嘔吐などの一般的にみられる症状もそうですが、たまに苦しそうな咳をする、苦しそうな呼吸をする、などみなさんの猫ちゃんにはないですか?

そのような症状が続いてる場合は、猫風邪のこともあるかもしれないですが、病院にすぐにご相談してください。

ということで、当院では猫ちゃんのフィラリアのお薬もあつかっていますので、気になる方はお気軽にお越しください♡

ちなみに加藤は、こうちゃんと別れ難く、毎朝葛藤と戦っています…笑

LINEで送る

わんちゃんとフィラリア

皆さんこんにちは。

本日のHILLSIDEもぽかぽか陽気☀︎

仙台の桜開花予想は、明日4月3日だそうです!

楽しみですね♪

ちなみに私、唐野の地元は先月末で既に満開でした。

どこの出身かは、診察時にたま〜〜〜〜に出てくる方言で当ててください♪

IMG_0166

さて、今日はわんちゃんのフィラリア症のお話です。

フィラリア症とは、

ざっくり言うと、

”蚊を介して犬猫の血中に入り、心臓に寄生して死に至らしめることのある寄生虫感染症”

です。

インターネットで【フィラリア】を画像検索してみてください。

きもちわる〜〜い白いうにょうにょがたくさん…

蚊のいるところならどこでも感染しうる、

とても身近でとても怖い病気なんです!!

IMG_0169

だからこそ絶対!!予防!!

投薬は簡単。

毎月1回おやつタイプのお薬を食べてもらうだけ!

わんちゃん大好きチキンフレーバーで大人気です☆

(ねこちゃんのフィラリア予防については後日、加藤先生から♪)

IMG_0167

小〜中型犬で↑このくらいの食べやすい大きさです。

さらにこのお薬は内部寄生虫(お腹の虫)も駆除してくれるんです!!

IMG_0170

わんちゃんのお腹に寄生する虫の中には人にうつるものもいます。

 

・12月のフィラリア感染例

・冬期の内部寄生虫

 

どちらもケアするにはやっぱり”通年予防”!!

12ヶ月間毎月の予防がしやすいように、

森のいぬねこ病院ではお財布に優しい”年間パック”をご用意しています♪

↓↓気になるお値段はこちらから↓↓

料金表ー森のいぬねこ病院HILLSIDE

IMG_0165

ふっちょさんの足もとですやすや眠るカーター君も

もちろん”通年予防”

ノミ・ダニ・フィラリア・内部寄生虫を毎月トータルケアしています^^

 

皆さんも、完璧な予防をしてからお花見を楽しんで下さいね♪

 

獣医師*とうのがお届けしました!

LINEで送る