不妊手術のメリットとデメリット

男の子(去勢手術)のメリット

  • ●望まない妊娠を防ぐことができます。
  • ●マーキングやスプレー行動の抑制が期待できます。
  • ●攻撃性が低下して、穏やかな性格になることが期待できます。※1
  • ●精巣、前立腺の病気や肛門周囲腺や会陰ヘルニアの予防になります。※2
  • ※1 完全に抑制することは難しいので、行動療法やサプリメントなどを取り入れるとより効果的です。
  • ※2 いずれの病気も治療が難しい病気ばかりです。

女の子(避妊手術)のメリット

  • ●望まない妊娠を防ぐことができます。
  • ●乳腺腫瘍にかかる確率を低下させることができます。※1
  • ●子宮蓄膿症や卵巣腫瘍などの病気を防ぐことができます。
  • ●発情時のわずらわしさ(出血や鳴き声など)がなくなります。
  • ※1初回発情の前、あるいは2回目発情前に手術を実施すると、

        乳腺腫瘍の罹患率が低下するという論文があります。

不妊手術のデメリット

  • ●全身麻酔が必要です(どんな健康な動物でも全身麻酔には多少のリスクが伴います)。
  • ●手術後は太りやすい傾向があります。※1
  • ※1太りやすさを考慮した不妊手術した動物用のフードがあります。

不妊手術の時期

  • 仔犬・仔猫の場合は男の子も女の子も生後6か月前後で可能になります。
  • 大人の場合は、健康状態に問題がなければいつでも大丈夫ですが、女の子は発情中および

    発情終了後2か月はなるべく避けてください(手術中の出血が多くなるため)。